/

この記事は会員限定です

インターンシップの意義 「働く」を知る4ステップ

海老原嗣生さん(就活のリアル)

[有料会員限定]

ジョブ型雇用の欧州社会では、大学新卒の未経験者が簡単に雇ってもらえるようなことはない。あくまでもそのジョブができる人を雇う。そこで職業訓練が必要となり、多くの大学生は、在学中に長期間、低給与で実務をこなすインターンシップを行うと書いてきた。要はかの国のインターンシップとは「仕事を覚える修業」として存在する。日本のような物見遊山の生易しいものではない。実情を知らずに欧州を礼賛する人たちには厳しくクギ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り869文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン