JR東ベンチャーキャピタル、コロナ下でも新興連携

2020/8/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR東日本子会社のJR東日本スタートアップ(東京・港)がスタートアップとの連携を加速している。6月にはJR高輪ゲートウェイ駅エリアに新興勢育成のための拠点を新設。新型コロナウイルスのまん延による移動の落ち込みが本業を直撃するなか、危機感から新事業の種まきを急ぐ。未来への投資に"出発進行"する狙いを柴田裕社長に聞いた。

――新型コロナで鉄道利用が急減し、JR東日本の業績が悪化しました。投資を減らし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]