横国大、横浜銀行通じ企業連携 行員が開発情報を仲介

大学
2020/7/27 15:46
保存
共有
印刷
その他

横浜国立大学は横浜銀行を通じた企業紹介で産学連携を強化する。横浜銀行の行員に学内の企業コーディネーターを委嘱し、企業の開発情報などを仲介してもらう。学内の研究者が持つ技術と企業要望をマッチングし、共同研究を促進する。

13人がコーディネーターに就任した

横浜国大は27日、委嘱する担当者への交付式を開いた。横浜銀から13人がコーディネーターに就任し、長谷部勇一学長が委嘱状を付与した。経営課題の改善を担うソリューション営業部や、同大のある横浜東部地域の担当者らがコーディネーターとなった。

横浜国大と横浜銀は18年に包括連携協定を結んでいる。今後は両者が参加する勉強会を通じて、銀行側から企業への提案方法などを検討する。まずは開発中の事業に同大の研究者が助言を行う形を想定。将来的に共同での研究や開発につなげたいという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]