/

この記事は会員限定です

表現の自由どこまで 問われる「テックの正義」

分断のアメリカ デジタルの魔力(中)

[有料会員限定]

「検閲には飽き飽きした」。ネバダ州の主婦(47)はツイッターを捨て、新しいSNS(交流サイト)のパーラーに乗り換えた。

2018年創業のパーラーは「言論の自由」をうたうSNS。トランプ大統領は前回16年の選挙以降ツイッターに熱を上げてきたが、5月の投稿が「誤解を生む」と注記を加えられたことで反発、投稿を検閲しないパーラーの利用を支持者に呼びかけ始めた。

パーラーには共和党重鎮の登録が相...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1019文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン