/

この記事は会員限定です

長野の気鋭の画家、高津秀太郎氏 行動力で道開く

多彩人財

[有料会員限定]

美術の専門教育を受けたことがなく、創作活動を始めたのは22歳のとき。描き続けた絵画は見る人の心をとらえ、20代で美術館やギャラリーを持つまでになった。長野県小布施町在住の画家、高津秀太郎さん(29)を突き動かすのは、自らの才能や美意識に対する強い自信だ。

「生きている間に歴史に残る画家になります」と言い切る。大胆な構図や色使いと、大きく描かれた目。作風はパブロ・ピカソらキュビズムの画家を思わせる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り815文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン