/

群馬・太田市の産業団地、2区画を再分譲

群馬県太田市は、太田市土地開発公社が造成している「おおた渡良瀬産業団地」の2区画を再分譲すると発表した。8月3日から同月31日まで申し込みを受け付ける。

分譲する区画「Y-1」の面積は約3万8000平方メートル、価格は約9億3000万円。用地の引き渡しは2021年10月の予定。もう一つの区画「Y-3-1」の面積は約3万1000平方メートル、価格は約7億5000万円。引き渡しは20年10月を予定している。

「Y-3-1」については自動車部品製造のタツミが新工場の建設を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて建設を中止すると6月に発表した。「Y-1」も当初はほかの企業に分譲予定だったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン