/

この記事は会員限定です

[FT]オックスフォード大教授、有望ワクチンを開発

[有料会員限定]

英オックスフォード大学ジェンナー研究所のサラ・ギルバート教授(ワクチン学)は1月上旬、中国で感染が広がっている謎の新型肺炎のことを耳にした瞬間、凄惨なパンデミック(感染症の世界的な大流行)を引き起こす未知の病原体「X病」がついに発生したのではないかと疑った。

ギルバート氏はまさにそんな重大な事態に備えていた。同氏の研究室は毒性ウイルスのワクチンをつくる技術の開発に成功していた。中国の科学者らが新型...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2646文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン