/

この記事は会員限定です

GDP、異例の「2.1次QE」 今度は下方修正か

[有料会員限定]

内閣府は8月3日に2020年1~3月期の国内総生産(GDP)2次速報(改定値)を公表する。「QE(クオータリーエスティメート)」と呼ばれる四半期GDP速報値は普段、2次まで推計すると翌四半期の発表まで改定しない。だが、新型コロナウイルスの感染拡大による経済の混乱が影響し、今回は4~6月期を待たずに異例の「2.1次QE」を推計する。上振れした2次QEから今度は下方修正となりそうだ。

コロナ禍で法人季報を再集計

財務省は27日、1~3月期の法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン