/

この記事は会員限定です

子どもへ時間かけ株式贈与、次世代へ活用も 多摩冶金

私たちの事業承継

[有料会員限定]

「株式を贈与したり相続したりする上での税制はいろいろあるが、当社はやはり『暦年贈与』の仕組みが無理がないと考えた」。熱処理加工、多摩冶金(東京都武蔵村山市)の山田仁会長(71)は、自らの事業承継をこう振り返る。

長男の毅氏(44)は大手乳業会社を経て2004年に入社した。工場の現場、品質管理部門の責任者など社内の各職場を経験した後、09年から専務として社長だった仁氏を支えた。

仁氏は17年に毅氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り730文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン