マンション管理、官民が「お墨付き」 老朽化に備え

備える
2020/7/27 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

外部からわかりにくいマンション管理の状況に「お墨付き」を与える制度が相次いでいる。管理組合の活動や修繕資金計画の健全性などを、自治体や企業が診断し、一定以上の水準なら認定する。手入れが行き届いていることが資産価値につながるとの期待がある。行政は認定により適切な管理を促し、地域のトラブルを防ぐことを目指す。

6月に「改正マンション管理適正化法」が成立した。柱は、マンションの管理計画を自治体が「適切…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]