/

インターステラ、ロケット打ち上げ再延期 点火器でトラブル

ロケット開発のインターステラテクノロジズ(IST、北海道大樹町)は26日、同日予定していた観測ロケット「MOMO(モモ)」7号機の打ち上げを延期すると発表した。7号機の打ち上げ延期は4回目。エンジンの点火器の一部で温度上昇が基準を満たさず、制御システムが緊急停止した。今後日程を調整して、再打ち上げを目指す。

打ち上げ前のモモ7号機

7号機は全長10メートル、直径50センチメートル、重さ約1トンの液体燃料ロケットでバラの花などを載せていた。26日の午後4時30分に打ち上げを試みたが、2つある点火器の一つで十分な温度上昇が確認できず、メインエンジンを着火させる0.2秒前に制御システムがプログラムに基づき自動停止した。原因は精査中だが、点火器の燃焼や、点火器内の温度を計測するセンサーの問題が考えられる。

次回の打ち上げ時期は数カ月先で再調整する。ISTは2019年5月に国内で初めて民間単独で開発したロケットが高度100キロメートルの宇宙空間に到達した。稲川貴大社長は今回の延期を受け、「2度目の成功が後ろにのびることは残念には思うが、着実な開発を続けてモモを世界的に競争力のあるロケットにしたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン