/

この記事は会員限定です

新興国の国債発行倍増へ 20年、消化は中銀頼み鮮明

[有料会員限定]

新型コロナウイルス危機で新興国が財政出動の財源を賄おうと国債発行を大幅に増やしている。2020年の新規発行額は前年の2倍近い3兆ドル(約320兆円)前後に及ぶ可能性もある。中央銀行は市場安定や財政支援のため、相次いで国債購入に動く。中銀の独立性が侵され通貨の信認を失うリスクもはらむ。

国際通貨基金(IMF)によると、中国をはじめとする新興国主要40カ国の財政赤字は20年に国内総生産(GDP)比で1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1285文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン