/

この記事は会員限定です

手形の期限短縮 経産省、コロナ下の資金繰り支援

[有料会員限定]

政府は下請け企業の資金繰りの改善に向けて発注企業に代金の迅速な支払いを求める。中小の手元資金不足は期日まで現金を受け取れない約束手形が一因とされる。経済産業省などが通達で120日以内としている支払期限の短縮を検討する。新型コロナウイルス禍で支払いの遅れが広がらないよう監視を強める。

月内にも経産省が検討会を設け、公正取引委員会や金融機関の関係者らと議論を始める。秋ごろまでに約束手形での支払いに関す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り444文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン