学校も塾も「正直疲れた」 コロナ禍が妨げる学び
学び、いつもと違う夏(1)

ルポ迫真
2020/7/26 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

7月下旬、河合塾麹町校(東京・千代田)では、教室の風景が昨年とは一変していた。受験生の「勝負の夏」のはずなのに、現役生の姿はほぼない。「学校優先なので今は仕方ない」。校舎運営チームチーフの上野美紀はため息をついた。

新型コロナウイルスで長期休校を余儀なくされた各地の小中高校は、失った授業時間を取り戻そうとこぞって夏休みを短縮する。割を食うのが夏期講習だ。学校の授業があれば、受験生は昼間の講習には…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]