/

この記事は会員限定です

UAE、アラブ初の原発を年内稼働 地政学リスクも

核ドミノの懸念 ロシア支援で建設ラッシュも

[有料会員限定]

【ドバイ=岐部秀光】アラブ諸国で初の商業規模の原子力発電所となるアラブ首長国連邦(UAE)のバラカ原発が年内にも稼働する。新型コロナウイルスの感染拡大で日程の遅れが懸念されたが、原子力当局者が「順調に進んでいる」と明らかにした。中東ではトルコやヨルダンなど原発計画が相次ぎ、安全性や核拡散の懸念もくすぶる。

アブダビ郊外のバラカ原発は韓国電力公社(KEPCO)を中心とする企業連合が李明博(イ・ミョン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り717文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン