/

北朝鮮でコロナ感染者発生か 開城市を完全封鎖

公式メディアが報道

(更新)

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、南北境界に近い開城(ケソン)市で新型コロナウイルスの感染疑いが見つかり、24日午後に同市を完全封鎖したと報じた。この人物は3年前に韓国へ出て、再び北朝鮮に戻ったと主張している。新型コロナ感染者が発生した可能性を北朝鮮が認めるのは初めて。

朝鮮労働党政治局が25日に緊急招集した会議で、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が「国内に悪性ウイルスが流入したとみられる危険な事態が発生した」と明らかにした。開城地域の非常事態を宣言して「非常事態に直面した現実を厳重に受け止めなければならない。防疫危機を打開し、人民と祖国の安全を死守しよう」と呼びかけた。

報道によると、感染が疑われるのは3年前に脱北した人物。19日、違法に軍事境界線を越えて北朝鮮に戻ったという。防疫機関が上気道の分泌物や血液を数回にわたって検査した結果、感染が疑われると判断し、本人や接触者を隔離した。

韓国政府は、北朝鮮の主張通りに軍事境界線を超えた脱北者がいるかどうかを確認中だ。聯合ニュースによると、警察当局などはソウル近郊の金浦市に住む男性の可能性が高いとみている。2017年に泳いで境界を越えて韓国入りした。だが、20年6月に韓国で知人女性を暴行した疑いがあり、警察の取り調べを受けたという。

25日の会議では脱北事件を許した前線部隊のずさんな警戒態勢が報告され、厳重な処罰を下すことについても議論したという。26日付の党機関紙「労働新聞」は1面でこうした内容を報じた。

医療・保健システムが脆弱な北朝鮮は新型コロナの流入を防ぐため、1月下旬に中国との境界を完全に封鎖した。公式メディアは市民に感染対策を徹底するよう呼びかけていたが、感染者はいないと主張していた。

金正恩氏はこの間、関係当局に警戒態勢の強化を指示してきたほか、最新の医療設備を整えた平壌総合病院を党の創建記念日である10月10日までに建設するよう号令をかけていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン