/

コロナ感染のブラジル大統領、回復と発表

バイクを運転するボルソナロ大統領(25日、ブラジリア)=ロイター

【サンパウロ=外山尚之】新型コロナウイルスに感染し隔離生活を送っていたブラジルのボルソナロ大統領は25日、PCR検査を受け、陰性だったと明らかにした。バイクを運転する姿を公開するなど回復した様子で、「新型コロナはただの風邪だ」という主張を身をもってアピールする形となった。

ボルソナロ氏はSNSを通じ、検査で陰性の結果が出たと発表した。検査をいつ実施したかは明らかにしていない。その後、バイクにまたがり、護衛とともに大統領府周辺を運転。商店での買い物もした。商店を出た後、報道陣らの問いかけに対し「(病状は)何も感じていない」と応じた。ボルソナロ氏は7日に感染が発覚した後、大統領公邸で自主隔離生活を送っていた。

24日時点で、ブラジルの累計感染者数は234万人、死者数は8万5千人。経済活動の再開にともない、足元の感染者数は増加基調にある。

地元メディアによると、ボルソナロ氏は商店内でマスクを着用していなかったという。ボルソナロ氏は裁判所からマスクの着用を命じる判決を受けているほか、感染が発覚した後にテレビ局の記者にマスク無しで話しかけたことで提訴されている。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン