/

この記事は会員限定です

成長戦略「未達・遅れ」47% 19年度、環境やITで

[有料会員限定]

政府が経済成長戦略に掲げる数値目標の未達と遅れが常態化している。2019年度時点では、これまでで最も高い47%に達した。家庭用燃料電池の普及や中小企業のIT(情報技術)導入など環境エネルギーやITの分野で目標を大きく下回る。原因の分析や抜本的な改善策は乏しい。

安倍晋三政権は13年から毎年夏に成長戦略を策定している。このほど20年版を決めると同時に、これまでの戦略が19年度時点でどれだけ進捗してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1135文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン