/

この記事は会員限定です

上場子会社の社外取締役 「3分の1以上」5割止まり

[有料会員限定]

企業統治(コーポレートガバナンス)で、上場子会社の取締役会に焦点が当たっている。親会社ではなく一般株主の利益を重視するよう取締役会の独立性が求められている。野村資本市場研究所が上場子会社の取締役構成を調べたところ、社外取締役の割合が多くの投資家が求める3分の1以上の企業は5割にとどまることがわかった。

野村資本市場研究所が2020年3月末時点の上場子会社249社を調べた。社外取締役が3分の1以上の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り501文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン