東南アジアの新興企業、資金調達9割増 4~6月

2020/7/25 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シンガポール=中野貴司】新型コロナウイルスの感染拡大で景気が悪化する中でも、東南アジアの新興企業が積極的な資金調達を続けている。2020年4~6月期の調達額は約28億ドル(約3千億円)と前年同期比で91%増えた。ネット通販や金融関連の企業の調達が全体の4割を占めた。IT(情報技術)投資などに使い事業の拡大を目指す。

シンガポール新興メディアのディールストリートアジアが集計した。4~6月期の資金…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]