/

北朝鮮「瀬取り」56回 安保理に制裁違反指摘

【ニューヨーク=共同】米国や日本など43カ国は24日、北朝鮮が海上で積み荷を移し替える「瀬取り」の手口で、国連安全保障理事会が定める制限を大幅に超える量の石油精製品を密輸入しているとして、安保理制裁違反を指摘する文書を安保理の北朝鮮制裁委員会に提出した。瀬取りは1~5月だけで56回に及ぶ。

2017年12月の安保理決議は北朝鮮への石油精製品の年間供給上限を50万バレルと定めたが、北朝鮮は1~5月だけで計160万バレル以上を密輸したと分析。北朝鮮が「石油精製品輸入の主な方法として定期的に」瀬取りを続けていると指摘した。

各国は北朝鮮への石油供給量を30日ごとに制裁委に報告する義務がある。今年1~5月に合法的に石油精製品を供給したのは中国とロシアのみで、供給量は10万バレル超。

43カ国は制裁委に対し、国連加盟国が北朝鮮への石油供給を直ちに停止し、瀬取りの監視を強めるよう公式に求めることを要請した。米国連代表部は18年7月と19年6月にも同様の文書を制裁委に提出したが、中ロが異議を申し立て、結論が先送りされた。

制裁委の専門家パネルは2月にまとめた報告書で、北朝鮮が19年1~10月に瀬取りで密輸した石油精製品は「年間供給上限を何倍も超過した」との米国の試算を紹介。中ロは「決定的な証拠」を求めて反論している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン