/

NYダウ続落182ドル安 インテル株が急落

(更新)

【NQNニューヨーク=川内資子】24日の米株式相場は続落した。ダウ工業株30種平均は前日比182ドル44セント(0.7%)安の2万6469ドル89セントで終えた。前日夕に四半期決算と同時に最先端半導体の発売の遅れを発表した半導体のインテルが急落し、相場の重荷になった。米中関係の悪化への懸念が強まったのも投資家心理を冷やした。

中国外務省は24日、四川省の米国の総領事館を閉鎖するよう通知したと発表した。米国がテキサス州にある中国の総領事館の閉鎖を求めたことに対抗した。米中対立が激化するとの懸念から同日の中国・上海株相場が大幅に続落し、米市場でもリスク回避の動きが強まった。

インテルはアナリストによる投資判断や目標株価の引き下げが相次ぎ、16%下落。1銘柄でダウ平均を67ドルあまり押し下げた。同業のマイクロン・テクノロジーや半導体メモリーのウエスタンデジタルなど半導体関連株の一角が連れ安した。

ネットワーク機器シスコシステムズが売られ、来週に決算発表を控えるスマートフォンのアップルやSNS(交流サイト)のフェイスブックなど主力ハイテク株が総じて下げた。トランプ米大統領が24日にも薬価引き下げを含む大統領令に署名すると伝わり、製薬のファイザーなどヘルスケア関連株への売りも目立った。ダウ平均は一時249ドル安を付けた。

一方、証券会社が目標株価を引き上げた建機のキャタピラーが上げた。決算で携帯電話の契約者数が増えた通信大手のベライゾン・コミュニケーションズも買われた。ニューヨーク金先物が一時1トロイオンス1900ドルを超え、過去最高値に迫った。これを好感しニューモントなど金鉱株が上げた。

ナスダック総合株価指数は同98.24ポイント(0.9%)安の1万0363.18で終えた。主力ハイテク株に加え、電気自動車(EV)のテスラも下げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン