/

首相、緊急事態宣言再発令を否定 連休中の感染防止呼びかけ

安倍晋三首相は24日、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言について「再び今、宣言を出す状況にはないと考えている」と述べた。連休中の対応では「3つの密を回避し、大声を出す行動を控えるなど、感染を予防する行動を徹底するよう改めてお願いする」と呼びかけた。

記者団の質問に答える安倍首相(24日午後、首相官邸)=共同

首相官邸で記者団の質問に答えた。東京都や大阪府を中心に新規感染者数が増えているのを踏まえ「検査能力にはまだ余裕がある。都道府県と連携し、陽性者の早期発見と治療を進める」と語った。

患者の重症化を防ぐため「リスクの高い基礎疾患のある方、高齢者への感染防止に万全を期す」と強調した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン