インターステラ、観測ロケット25日に再打ち上げ

2020/7/24 11:23
保存
共有
印刷
その他

ロケット開発スタートアップのインターステラテクノロジズ(IST、北海道大樹町)は24日、延期していた小型観測ロケット「MOMO(モモ)」7号機(ねじのロケット)を25日午前11時に打ち上げると発表した。19日に打ち上げを試みたが、エンジンの点火器の一部で着火が遅れ、射場から発射させることができなかった。

ISTが6月に打ち上げた小型観測ロケット「モモ5号機」

19日の打ち上げ実験では、打ち上げ直前にエンジンに2つある点火器の1つで着火が遅れ、点火器内の温度が基準を下回ったため、制御システムがプログラムに基づき自動で緊急停止した。取得した温度データや点火器を調査し、点火器の部品等を交換したうえで、再打ち上げに臨む。

前回と同じく、新型コロナウイルスの感染防止のため、同社は大樹町への来町は控えるよう呼びかけた。打ち上げ場所付近は立ち入りを制限し、観客席も設けない。打ち上げの様子はインターネットでライブ配信をする。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]