英仏、ファーウェイ排除は長期戦 コストや対中摩擦を配慮

ファーウェイ
2020/7/24 1:22 (2020/7/24 4:11更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=佐竹実】英国が次世代通信規格「5G」から中国の通信機器大手華為技術(ファーウェイ)を排除したのに続き、フランスも実質的に排除する方針だ。いずれも7~8年という長い時間をかけ、同社製の機器の交換を通信会社に求める。交換コストを抑えるだけでなく、中国への一定の配慮もにじむ。

ファーウェイを容認する国が多い欧州の主要国で、初めに方針転換したのは英国だった。米国が5月に同社への追加制裁を決め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]