安楽死「希望」、患者の支援不足も 総合的ケアが必要

2020/7/23 21:18
保存
共有
印刷
その他

医師が薬を投与するなどして患者の死期を早める「積極的安楽死」は、日本では患者が希望しても嘱託殺人罪などに問われる。終末期ではなく回復の見込みのない患者が死を望むことがあるが、精神的・社会的援助が不足しているケースも多く、支援体制の整備が求められている。

日本では、終末期の患者に対しては患者や家族の意思を踏まえ、延命治療をしないことは容認されている。

厚生労働省は2018年3月に「人生の最終段階に…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]