/

この記事は会員限定です

[社説]最低賃金を無理なく上げる基盤づくりを

[有料会員限定]

最低賃金の2020年度の改定について厚生労働省の審議会は、現行水準の維持が適当とし、引き上げ幅の目安の提示を見送った。コロナ禍による急速な企業収益の悪化を考えればやむを得まい。

ただ、日本の最低賃金は欧州主要国の7~8割の水準にとどまり、中長期的に是正する必要がある。無理なく引き上げていく基盤づくりのため、政府は中小企業の生産性向上の支援に力を入れるべきだ。海外の例も参考に、地域経済への影響を抑え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン