/

この記事は会員限定です

丸紅など3商社、ミャンマーでLNG発電 2000億円投資 中国勢に布石

(更新) [有料会員限定]

【ヤンゴン=新田裕一】丸紅住友商事三井物産の3社はミャンマーで液化天然ガス(LNG)を燃料にする火力発電所を設ける。建設費は1500億~2000億円と、日本企業の同国への投資として最大級になる。現在のミャンマーの2割の発電能力を持つ。大手商社が手を組み、中国勢が攻勢をかける東南アジアでのインフラ事業に布石を打つ。

最大都市のヤンゴン近郊に建設する。3社は現地財閥のエデン・グループと合弁会社を設けて運営する。発電能...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り647文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン