新型コロナワクチン、健康被害なら補償 厚労省

2020/7/22 23:09
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は新型コロナウイルスのワクチンの副作用で健康被害が生じた場合に被害者の医療費などを補償する制度をつくる。海外メーカーが訴訟で賠償金を支払う場合も国から補償を受けられるようにする方向だ。

新型インフルエンザでも時限的な特措法で同様の対応を取った経緯がある。新型コロナもワクチンの開発を後押しするため、同様の法整備を検討する。関係者によると、厚労省は弁護士らによる交渉チームをつくり、海外の製薬企業3~4社と協議しているという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]