/

この記事は会員限定です

カリフォルニアの個人情報保護 企業対応に遅れ

[有料会員限定]

企業に厳格な個人情報保護を義務づけるカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)が1日、本格的に始動した。違反は罰則の対象となるため、米国で事業を行う企業には緊張が走っている。直前まで詳細が固まっていなかったことなどから企業の対応は遅れがちだが、いい加減な対応は大きなリスクになるとして専門家は警鐘を鳴らす。(渋谷江里子)

CCPAは全米で初めての包括的プライバシー規制で、カリフォルニア州の居住...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2366文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン