ダイハツ「タフト」、軽SUVでスズキ追撃 販促は難路

2020/7/26 2:00
保存
共有
印刷
その他

ダイハツ工業は軽自動車と多目的スポーツ車(SUV)の要素を組み合わせた「タフト」を発売した。生産コストを抑える新しい開発手法を採用。軽SUVではスズキが先行するが、子どものいない若者の利用を想定し、装備を前の座席に集中するなど差別化した。登録車でのSUV人気を背景に市場は拡大するとみて製品を拡充する。

同社は軽自動車や小型自動車の部品を7~8割共通化して生産コストを抑える「DNGA(ダイハツ・ニ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]