広島・長崎が問う戦後75年 記憶つなぐ

戦後75年
社会・くらし
2020/8/5 2:00 (2020/8/8 21:01更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

広島と長崎に人類初の原爆が投下されてから75年。一瞬で命を奪われた人から原爆症で命を落とした人まで原爆死没者は約50万人に上る。日本で戦後生まれの割合は8割を超え、被爆の実相を知る高齢者は少なくなっている。数字と写真から核問題や被爆地の「いま」を探る。(後半に「写真が語る被爆の実相」)

世界の核弾頭1万3410発、米ロで9割 長崎大推定

長崎大核兵器廃絶研究センターは各国の公表データや科学者団体…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]