9/25 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ワタミ、劣後ローン30億円調達 居酒屋の3割業態転換[有料会員限定]
  2. 2位: 株高、債券売りが呼び水 日本 首相交代で資金流入[有料会員限定]
  3. 3位: 上場企業の減損、過去最大4.2兆円 20年3月期[有料会員限定]
  4. 4位: レオパレス、債務超過100億円超 6月末[有料会員限定]
  5. 5位: 年金運用もESG重視 金融機関、商品を拡充[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,220,193億円
  • 東証2部 67,535億円
  • ジャスダック 97,001億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.65倍24.95倍
株式益回り5.08%4.00%
配当利回り1.92% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,204.62 +116.80
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,030 +110

[PR]

スクランブル

フォローする

空売り個人、膠着に焦り 有力株で損失覚悟の買い戻し
証券部 井川遼

2020/7/22 20:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日経平均株価は2万2000円台後半で小動きが続く。相場を左右する材料として市場参加者が注目するのが、一部の大型株で積み上がっている信用取引の売り残高だ。高値からの調整を見込んで空売りしてきた個人投資家が、膠着相場にしびれを切らして買い戻しを迫られるのではとの見方が浮上している。

「売り持ち高を抱えたまま連休に入りたくない」。東京都在住の会社員(42)は、信用取引を用いて5月以降売ってきたソフトバ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム