/

ホテルや飲食などの複合施設 京都・梅小路に開業

梅小路京都西駅に隣接する「ホテルエミオン京都」

不動産大手のスターツコーポレーションは23日、JR梅小路京都西駅に複合施設を開業する。大型ホテルのほか、飲食や地域産品の店舗などが入る。新型コロナウイルスの影響で当初予定より約1カ月遅れの開業となった。2019年3月に新設された駅中心に再開発が進むエリアで観光客の需要増を見込む。

「ホテルエミオン京都」は3人以上の利用を想定した客室が多い

3~8階に入る「ホテルエミオン京都」は206室の大型宿泊施設で、1万~2万円台の客室を中心に販売する。定員が3、4人の部屋が全体の8割を占め、家族連れなどの利用を想定する。

当初、3割程度は訪日外国人の利用を見込んでいたが、新型コロナの影響で当面は国内客の集客になりそうだ。朝食のみを提供する宿泊特化型ホテルで、修学旅行の利用も期待する。

梅小路京都西駅周辺は京都水族館や京都鉄道博物館があるため、週末を中心に家族連れなど多くの人が集まる。京都市中央市場などの整備も進む。今後ホテルの新設も相次ぐ予定だが、新型コロナの影響で6月初めに開業予定だったJR西日本の新ブランド「ポテル」は開業がずれこんでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン