大林組、工事現場はロボにお任せ ダムで実証試験

2020/7/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大林組は建設現場でロボットを最大限に活用する実証試験として、三重県伊賀市で建設中のダムの全工程に自動化技術を取り入れた。ダム工事は野外で面積が広く、周囲に関係者以外ほとんどいないため、自動化技術の実証がしやすい。人手不足に対応し、幅広い工事現場の自動化に向けた足がかりにする考えだ。

■ダム工事の工程すべてに自動化技術

同社が建設している川上ダムは堤体の高さ84メートル、横幅334メートルの重力式コ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]