/

この記事は会員限定です

北関東の22信金・信組、コロナ関連で2100億円融資

[有料会員限定]

北関東3県の信用金庫・信用組合が6月末までに新型コロナウイルス関連の融資を総額2113億円、件数では1万5407件実行したことが分かった。融資額の9割を緊急制度融資が占めており、国や自治体の支援策を活用して中小企業の資金繰りを支えた構図が浮き彫りになった。

北関東に本店を置く22信金・信組に6月末までのコロナ関連融資の実績をアンケートで尋ねた。県別にみると、11信金・信組が本店を置く群馬が融資額...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り604文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

地方銀行や信用組合、信用金庫の最新ニュースをまとめました。人口減少が進む地方で経営統合による経営力強化や新規事業、地方企業育成などを進める各金融機関の最新ニュースや解説をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません