無農薬の食ベルばら 6次産業のスタートアップ開花

コラム(ビジネス)
スタートアップ
サービス・食品
小売り・外食
2020/8/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ROSE LABO(ローズラボ、埼玉県深谷市)は、「花の女王」とも呼ばれるバラに新風を吹き込むスタートアップだ。農薬を一切使わない食べられるバラを栽培し新たな品種を開発。ジャムや美容液など6次産業化を開花させ、バラに新たな付加価値を与えた。率いるのは田中綾華社長。22歳で創業した若き起業家の原点には、バラのような曽祖母の面影が横たわる。

2つの顔を持つ女――。田中氏にぴったりの人となりだ。支店が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]