/

米、グアムに地上イージス 軍司令官、中国に対抗

【ワシントン=共同】米インド太平洋軍のデービッドソン司令官は21日、複数の米軍事メディアに対し、中国のミサイルに対抗して米領グアムに地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を配備したいとの考えを示した。

日本政府は6月、発射地点周辺の安全確保が難しいとの理由で秋田、山口両県へのイージス・アショア配備を断念していた。

デービッドソン司令官は「イージス・アショアの技術は既に出来上がっており、2026年までに配備が可能だ」と指摘。中国軍が陸上や艦船などミサイル発射手段を多様化することを想定し、グアムに配備済みの迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」よりも幅広く対応できるとの見方を示した。

米ロの中距離核戦力(INF)廃棄条約に縛られずにミサイル開発を進める中国は、中距離弾道ミサイルでグアムを射程に収めており、米軍は中国に対する抑止力強化を迫られている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン