/

この記事は会員限定です

サンマ、豊洲で1キロ10万円

最高値、台湾や香港に輸出も

[有料会員限定]

安くてうまい秋の大衆魚、サンマ。7月中旬、豊洲市場(東京・江東)に今年の初サンマが入荷し、1キロ10万円、1匹1万2500円の過去最高値で取引された。サンマの2019年の漁獲量は過去最低となり、ピーク時比で92%減。漁師、産地へのエールも込め、豊洲の仲卸が最高値で競り落とした。サンマは銀座のほか、ニューヨーク、香港などへ輸出された。

16日未明、豊洲市場に今年初の生サンマが入荷した。北海道から航空...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン