/

顧問の叱責が自殺の一因 岩手バレー部員、第三者委

(更新)

2018年7月に岩手県立不来方高(矢巾町)3年の男子バレーボール部員の新谷翼さん(当時17)が自殺し、調査していた県教育委員会の第三者委員会が22日に記者会見した。新谷さんが当時バレー部顧問だった男性教諭(43)に厳しく叱責され、絶望感や自己否定の感情を強めたことが自殺の一因だったと発表した。

第三者委から報告書の提出を受けた県教委の佐藤博教育長は「顧問、学校、教育委員会の対応が不十分とされた。心よりおわびする」と遺族に謝罪した。

報告書によると、2年生のときにバレーの強豪大学への進学が内定していたが、バレーを続けることへの不安や悩みを周囲に打ち明けていた。3年生になり、部活での顧問の指導が厳しくなり「一番下手だな」「使えない」などの発言があった。大会で負け責任を感じていたのに、顧問から「敗因」と言われた。

友人に自殺をほのめかしていた他、学校の生活アンケートで助けを求めるような回答をしていたのに、学校は何の対応も行わなかった。大学進学にも拒絶感を強く持つようになった。

新谷さんは18年7月3日、「ミスをしたら一番怒られ、必要ない、使えないと言われました」と遺書を残し、自宅で亡くなっているのが見つかった。遺族は顧問の行き過ぎた指導が自殺の原因と主張し、第三者委が19年1月から調査していた。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン