/

豊田合成、深紫外線LEDの殺菌装置開発 コロナで需要

豊田合成が開発した殺菌用の深紫外線発光ダイオード(LED)機器。防水と放熱機能を加えて使いやすくした

豊田合成は22日、水や空気の殺菌に使える深紫外線発光ダイオード(LED)機器を開発したと発表した。新型コロナウイルスにも効果があるとみられ、消毒のニーズを取り込む。同社は今年度中にも量産体制を整えて販売し、空気清浄機や自動車の内装などへの幅広い活用を探る。

開発した機器は深紫外線LEDの光源に防水や放熱用の部品を加えたもの。豊田合成が非営利団体(NPO)「バイオメディカルサイエンス研究会」と共同で実験したところ、新型コロナに極めて近い遺伝子を持つウイルスへの殺菌効果も確認された。現在は水銀ランプが発光用光源の主流だが、環境への影響が懸念されている。

新型コロナの感染拡大で殺菌や消毒のニーズが増す中、豊田合成は機器を空気清浄機のメーカーや食品加工工場など、幅広い企業への販売を狙う。自動車の内装部品の製造技術を生かし、不特定多数の人が乗るシェアカーへの利用も想定している。

豊田合成は1980年代から青色LEDの開発に着手。ノーベル賞を受賞した赤崎勇氏や天野浩氏と共同研究を進めていたことでも知られる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン