/

トヨタ系と日産自、横浜で移動サービス

トヨタが開発した移動サービスアプリを横浜でも展開する(福岡市、西日本鉄道の路線バス)

神奈川県内にあるトヨタ自動車系販売会社のKTグループ(横浜市)と横浜トヨペット(同)などは22日、横浜エリアでスマートフォン向けアプリを通じ複数の移動手段の予約や決済ができるサービスを始めた。アプリはトヨタが開発した。日産自動車ともレンタカーやカーシェアの検索で連携する。

トヨタの移動サービスアプリ「マイルート」は、目的地まで電車や飛行機など複数の交通手段を使ったルート検索ができるほか、予約や決済もまとめてできる。

サービス開始に合わせて、KTグループと横浜トヨペット、トヨタファイナンシャルサービスの3社が出資し、新会社アットヨコハマを7月に設立した。横浜版ではトヨタレンタカーのほかに日産レンタカー、クルーズ船なども検索できる。アプリと連携して、地域の店やイベントなどを発信する独自サイト「@YOKOHAMA」を開設した。

トヨタは2018年から福岡市で西日本鉄道とマイルートの実証実験を始め、19年に対象地域を広げて本格展開を始めた。福岡県や北九州市などで利用されており、横浜は4つ目の実施エリアになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン