中部の航空機産業、三重苦 ボーイング不振やコロナ禍

2020/7/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部地方に集積する航空機サプライヤーが三重苦に直面している。主な供給先の米ボーイングの経営難に続き、国産初の民間ジェット旅客機「三菱スペースジェット(MSJ)」は度重なる納入延期で開発体制を縮小した。さらに新型コロナウイルスのまん延で世界の航空需要が一気に蒸発し、エンジンや機体などの部品受注は途切れている。

「コロナ禍はリーマン・ショックの比じゃない。市場の回復まで4年はかかる」――。機体やエン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]