サンゴ採捕許可巡り国提訴 辺野古移設問題、沖縄県

2020/7/22 17:09
保存
共有
印刷
その他

沖縄県は22日、米軍普天間基地(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部の埋め立て予定海域で見つかった小型サンゴ類の移植を巡り、江藤拓農相が防衛省沖縄防衛局の特別採捕を許可するよう県に是正指示したのは違法として、取り消しを求めて福岡高裁那覇支部に提訴した。

提訴のため福岡高裁那覇支部に入る沖縄県の弁護士(手前2人)ら(22日午後)=共同

沖縄防衛局は昨年、小型サンゴ類計約3万9600群体の移植の採捕許可を県に申請。県は「大規模な移植」などの理由で標準処理期間の45日を経過後も判断せず、農相が今年2月に是正指示を出した。県は総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」に審査を申し出たが、係争委が6月に是正指示を「違法ではない」と結論付けたため、不服として提訴を決めた。

辺野古移設問題を巡り、国と県は那覇地裁で別の訴訟も係争中。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]