埼玉・所沢の文化複合施設、8月に一部開業

2020/7/22 17:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

出版大手のKADOKAWAが埼玉県所沢市に建設した若者文化や文芸などの文化複合施設「ところざわサクラタウン」の一部が8月1日に先行開業する。地元では「ポップカルチャーの拠点」としての誘客効果に期待が高まる一方、新型コロナウイルスの影響を不安視する声も聞かれる。

JR東所沢駅から約10分歩くと、巨大な岩石のような建物が目に入る。新国立競技場を設計した建築家、隈研吾氏が手掛けた「角川武蔵野ミュージア…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]