札幌国際芸術祭が中止に、オンラインで作品公開も

2020/7/22 17:00
保存
共有
印刷
その他

2017年の「札幌国際芸術祭」の開催の様子

2017年の「札幌国際芸術祭」の開催の様子

札幌国際芸術祭の実行委員会は22日、12月に開幕予定だった「札幌国際芸術祭(SIAF)2020」を中止すると発表した。新型コロナウイルスの影響で展示の準備や、来場者を集めての開催は困難と判断した。既に着手している企画や作品などは公式ホームページ等での公開を検討する。

同芸術祭は2020年12月19日~21年2月14日の会期で、モエレ沼公園や札幌芸術の森など、市内の複数施設を会場に開催を予定していた。参加アーティストは海外からの参加15組も含め、全48組が決まっていた。

同実行委の会長を務める札幌市の秋元克広市長は「札幌の街とともに作品を体感してもらうことがこの芸術祭の本質」と中止の理由を説明した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]