/

この記事は会員限定です

「謎の会社で終われない」 プリファード西川CEO語る

新事業参入 実用化急ぐ

[有料会員限定]

人工知能(AI)開発のプリファード・ネットワークス(東京・千代田)は2020年に入り、ゲームや教育など新事業への参入を決めた。ユニコーン(企業価値10億ドルを超える未上場企業)であり、スパコンの世界ランキングで首位になるなど高い技術力を持ちながら経営の実態が見えにくかった。西川徹代表兼最高経営責任者(CEO)に事業戦略を聞いた。

「推定企業価値が高いだけの謎の会社で終わる危機感がある」

プリファ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1795文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン