/

この記事は会員限定です

不二家、AIで生菓子の出荷予測 赤字事業を立て直し

[有料会員限定]

不二家は店舗で生菓子を販売する洋菓子事業で人工知能(AI)を導入する。工場から店への出荷量を予測するため検証を始めた。祖業である同事業は10年以上赤字が続いていた。データ分析をもとに店舗に適切に出荷できるようにして生産ラインを合理化する。8月にも予測システムの開発を本格化させ、2021年に運用を始める。

洋菓子事業は同社の売上高の約3割を占め、ケーキやシュークリームなど生菓子を扱い、路面店やスー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り359文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン