/

この記事は会員限定です

[FT]本家の米国が外国から民主主義を学ぶ時

[有料会員限定]
Financial Times

1946年、占領下の日本で新憲法を起草するため米国人のグループが東京のひとつの広間に集まった。責任者のひとりが22歳のベアテ・シロタさんに「あなたは女性だから女性の権利に関する条項を書いてみないか」と促した。ウィーン生まれ日本育ちの彼女は図書館で外国の憲法を借り(ソ連とワイマール共和国の憲法が最も役に立った)、一週間足らずで当時としては革命的だった憲法14条の草案を書き上げた。「すべて国民は、法の下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2854文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン