海底に広がる巨大火山、形成の謎に迫る
日経サイエンス

2020/7/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

海の底には、地上とは比較にならない巨大火山がいくつも存在する。現在は海中に没して巨大海台となっているが、多くは形成当時、頭を海面の上に出し、火山島を形成していた。その証拠は2009年、日米を中心とする国際研究チームによる「シャツキー海台」の掘削調査で見つかったが、そうした巨大火山がどのように形成されたかを巡って議論が続いている。

シャツキー海台は日本の東沖の海底にある広大な台地だ。1990年代に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]